バスト(胸)が小さい理由について調べてみた

バスト(胸)が小さい理由について調べてみた
仕事の関係でバストアップについて調べることになりました。
バスト(胸)が小さい人と大きい人がいますよね。どうやったら大きくなるんだろう?どうやったら小さくなるんだろう?
せっかくなので記事にしてまとめてみます♪

スポンサーリンク

バスト(胸)する仕組み

バストサイズには女性ホルモンが大きく関係しています!
女性ホルモンは主に「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類ホルモンが重要とされています。

エストロゲンとは

エストロゲンとは、ステロイドホルモンの一種で
皮下脂肪を増殖させる働きがあります。

男性がエストロゲンを摂取すると胸が大きくなる写真がwikiに載ってした。
興味がありましたら下記をクリックして男性作用の部分をご覧ください。
wiki エストロゲン

・・・
・・

すごいですね。



プロゲステロンとは

プロゲステロンはステロイドホルモンの一種で
排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンのひとつです。
脂肪組織を増やす働きや精神を安定させる働きがあるといわれています。

この2つの女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)がバランスよく活発に分泌されることで胸が大きくなると言われています。

つまり、この女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が不足すると小さいおっぱいになる原因ってことですね。
不足する原因は何か調べてみました。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が低いの原因

女性ホルモンのバランスは
以下の行為を行うと低下・不足する原因となります。
・喫煙
・入浴はシャワーだけ
・バランスの良い食生活を送っていない
・ストレスを抱える
・寝不足

まとめ

いかがだったでしょうか?
バストが小さい原因は、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が少ないからという可能性があります。

バストを大きくしたい人は、一度生活面等見直してみる事をお勧めします。
めんどくさい方は、サプリメントやドリンク飲みましょうw


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。