仕事で使っているgmailで誤送信を防ぐプラグインを紹介。

仕事で使っているgmailで誤送信を防ぐプラグインを紹介。
今回は、お仕事で使っているgmailのご送信を防ぐプラグインをご紹介します。

それはこちら!!
Gmail Address Checker

スポンサーリンク

Gmail Address Checkerとは

gmail01
メール送信前に宛先・件名・添付ファイルの確認ダイアログを表示しチェックすることができるプラグイン。
Gmail Address Checkerのインストールはコチラ

使い方

1.拡張機能をインストール
2.Gmailのメール作成の「送信」ボタンが「確認」ボタンとなる
3.「確認」ボタンを押すと下の様な確認のダイアログが表示される
仕事で使っているgmailで誤送信を防ぐプラグインを紹介。

gmail01
4.To、Cc、Bcc、Subject、Attachedそれぞれのチェックボックスを全てチェックする
5.ダイアログ下部の「Ok」ボタンをクリック。
6.Gmailのメール作成の「確認」ボタンが「送信」ボタンとなり、クリックすると送信される

Gmail Address Checkerの特徴

「5.ダイアログ下部の「Ok」ボタンをクリック。」した後、
再度本文の編集や宛先を変更した場合は、再度
「2.Gmailのメール作成の「送信」ボタンが「確認」ボタンとなる」
にもどります。

まとめ

webディレクターなど外部と連絡とる人はぜひ入れておいた方が良いです。
メールの誤送信で取り返しのつかないことが起こるときがあります。
最悪お仕事がなくなることもあります。

無料で導入できるプラグインなのでぜひいれてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。