夜の残業。夜食を食べすぎず、太らないための2つの方法|ダイエット

最近、お腹が出てきたので体重計にのってみたら+5キロ増えてた私です。
原因は、深夜までのデスクワークと運動不足が主な原因。
なかでも、深夜の夜食が結構影響あります。
深夜残業中におにぎりやお菓子食べたり
残業の帰りに、松屋にいったり。。。。

そりゃいつもより多くせっしゅしてるんだから太るよなーと。

何とか痩せたい!f
夜食を抑えたい
と思ったのでダイエットに関して調べてみました。

夜食する原因には
2種類のホルモン、「グレリン」と「レプチン」
が関係していることがわかりました。

スポンサーリンク

「グレリン」とは

グレリンとは胃から分泌されるホルモンです。
グレリンが分泌されると、
食欲中枢が刺激され、
食欲が出ます。

グレリンは、
空腹で体内のエネルギーが不足しがちなときや、
エネルギーの補充を促すため分泌されるホルモンです。
必要なときにのみ食欲が増すのであれば、
食べ過ぎて太ってしまうということはありません。
ただ、睡眠不足が続くとこのグレリンが増えてしまいます。

「レプチン」とは

「レプチン」とは食欲を抑える役割の痩せホルモンです。
睡眠不足だと「レプチン」は少なく太りやすくなるといわれています。

では、この「レプチン」を増やす方法を調べてみました。

6時間以上寝る

やはり寝不足を解消するのが一番てっとりばやいです。

食事の時間によく噛んで食べる

食事中によく噛んで20分以上かけて食べるとレプチンが作られます。

レプチンが含まれているサプリを摂る

オススメは、夜ふかしさんのためのダイエットサプリです。
タイトルの通り睡眠不足の人向けに作られたダイエットサプリがオススメです。


まとめ

睡眠不足が太る原因と走りませんでした。
毎日4時間30睡眠の私は、解消難しそう。
サプリメント含め検討したいと思います。


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。