「認知症MCI」のチェックテストが電話10分で簡単検査できる

「認知症MCI」のチェックテストが電話10分で簡単検査できる
高齢化社会になり、今後ますます増えていく「認知症」。
40歳以上の男女から認知症になる例もあります。
決して他人事ではない「認知症」。
あなたの身近な人で「認知症」かなと感じる人がいたらぜひ一度コチラの検査を受けて見てはいかがでしょうか?

「あたまの健康チェック 認知症・MCI(軽度認知障害)早期発見テスト」

これまで判別が困難であった
認知症の前段階の「MCI(軽度認知障害)」を判定が電話で行えます。
詳細は以下のとおりです。

あたまの健康チェック 認知症・MCI早期発見テストとは

米国内で行われた正確性検証の結果、97%の高精度で判別することが確認されました。
その精度の高さから、アメリカでは2,500人を超える医師が利用する最も一般的な検査方法となっています。

また、日本国内でも福岡大学研究グループによる同様の検証が行われ、同等の96%の精度が確認されています。
つまり、日米両国でその正確性が証明されているんです。

費用は、1回3,500円です。

検査方法

「あたまの健康チェック」の検査方法は、
まず、あたまの健康チェック 認知症・MCI早期発見テストの公式サイトから申し込みを行います

次に、テスト用のフリーダイヤルと受検者番号を記載した受検証書をメールが届きます。

Eメールに記載されたフリーダイヤルへお電話します。

オペレータが10分程度の認知度チェックを行います。

後日、テスト結果をレポートでご郵送されます。

つまり、ネットと電話があればご利用可能です。
わざわざ病院に行って診察だと、認知症の疑いのある人も抵抗があるかもしれませんが、
電話一本で認知症MCIの判定ができるなら手軽で抵抗も少ないかもしれません。
時間もわずか10分のチェックで、高い正確性を誇るテストです。

まとめ

認知症は一度発症すると治らない病気です。
ただ、MCI段階で早期発見ができれば、14~44%が改善可能です。

あなた自身のために、ご家族のために、
まずは電話で10分のテストを実施してみませんか?




よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。