仕事ができる人は常にコレをやっている!

仕事ができる人は常にコレをやっている!
最近、仕事がめっちゃできる人(Yさん)とお話しする機会がありました。
Yさんは、フリーランスで
webディレクター 兼 デザイナー 兼 プログラマー 兼 プランナー
と4つの仕事を完璧にこなす恐ろしい人です。

また、ここでいう仕事ができる人の定義は、仕事のスピード感があってかつクオリティが高いものを生み出す人のことを言います。

私は、スピードもクオリティもまだまだなのでとても勉強になりました。

話しを聞くうちに
仕事ができる人は常にコレをやっているんだと気づきました。
それは、
いかに早くクオリティ高い状態のものを作り出せる仕組み作りをおこなっている

です!

その仕組みですが、仕事ができる人がやっている2つのことをご紹介します。

スポンサーリンク

1.常に、必要な資料を用意しておく

webサイトに関してですが、お客様と
サイトを作る上で必要なデザイン。
このデザインの作成には数週間かかる場合があります。

でも、Yさんの場合数日で完結します。
それは、
各サイトのキャプチャなどを毎日1個ずつストックした中からお客様がイメージするサイトのイメージを提出。
そのイメージをベースに作るからお客様からの修正も少なく数日で完結しました。

2.作業効率を図るためツールを活用する

ある日、Yさんのもとに、スマホゲームのワイヤーフレームの作成依頼がきました。
その数なんと150点。
1点あたり3000円で45万円の仕事です。

仕事の依頼者は、2ヶ月くらいを目途に依頼しておりました。
が、Yさんは、3日で終わらせました。

それは、すでに自分で作ってあるワイヤーフレームのテンプレートを独自に作っていたので
そのテンプレートをつかって位置調整や微調整だけで済みました。

まとめ

私は、これを聞いて感じたことは、
自分が絶対できないと思っていることは、実は、調べてみると意外と簡単にできるかもしれないということです。

もし、私のもとに、ワイヤーフレーム150点もの依頼が来たら普通に1~2ヶ月かかるだろうとおもいます。
でも、仕事ができる人は、数日でやれてしまう。

60日で45万

3日で45万

これって同じ仕事内容なのにこんなに差がでるってすごい。

仕事ができる人は、自分の仕事を楽にする術を柔軟に取り入れて活用できる人なんだと感じました。
気合や根性で、1から作ったりしていたらバカらしいですね。

なので仕事をやる際は、まず、どうやったらその仕事の効率がよくなるか考える。
その為に必要なものを考えて実行に移す。

実際、これができる人は少ないかもしれません。
でも、自分は今後意識して取り組んでいきたい課題だと感じました。


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。