夏に知りたい裏ワザご紹介!市販の鰻を美味しくする方法など

夏うなぎ
さきほど、ジョブチューンSPでいろんな一流の裏ワザが紹介されていたのでご紹介です。

■目次

 ・スーパーの市販鰻がお店のウナギのように美味しくなる裏技
 ・てんぷらの衣を作る際、氷をいれるのはNG
 ・ビールのおすすめ保存法
 ・そうめんを氷水にいれるのは、NG
 ・まとめ

スポンサーリンク

スーパーの市販鰻がお店のウナギのように美味しくなる裏技

1 うなぎのタレを熱湯で洗い流す
※ タレがかかったまま焼くと焦げてしまう
2 表面の水気を取る
3 お酒をふりかけ、ホイルに包む
4 魚焼きグリルで3~5分温める
5 市販のタレを塗って焼きなおせば完成

以上で、お店のウナギ見たく美味しくなるそうです!
土用の丑の日も近いので、ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?

▲目次に戻る

てんぷらの衣を作る際、氷をいれるのはNG

衣を作る際、氷を入れて作る人がいるかと思います。
冷やすのは、正解なんですが、氷を使うと部分的にしか冷えず、失敗しやすくなります。
なので、衣を冷やす際は、冷蔵庫に直接入れて冷やすのが良いそうです!
▲目次に戻る

ビールのおすすめ保存法

それは、必ず冷蔵庫のドアポケット以外に入れて保存してほしい。
理由は、
1 ビールは鮮度が命。常温で置いておくと、どんどん劣化してしまう
2 ドアポケットは、振動と温度変化が大きい箇所。振動が加わると炭酸ガスが気化して風味が損なわれてしまう

以上の事から冷蔵庫のドアポケット以外にいれてください。
▲目次に戻る

そうめんを氷水にいれるのは、NG

氷水にそうめんを浸すと冷やしすぎてしまい小麦粉の香りや甘味が、水にうつって美味しさが逃げてしまいます
冷たくて美味しいそうめんを食べたい場合は、この2つを実践してください
1 めんつゆを冷蔵庫で冷やす
2 そうめんは、氷水で締めたらすぐに皿に盛る

これでおいしいそうめんが食べれちゃいます!
▲目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか?
うなぎやビール、そして、そうめん。てんぷらは、、、夏に食べてもおいしいよね!
夏に知っておくと便利な裏ワザでした!
よかったらお試しください。
▲目次に戻る


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。