スマホで疲れた目を癒す、正しい目薬の選び方

スマホで疲れ目を癒す、正しい目薬の選び方
現代の日本人は、仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンなどで
たくさん目を使っています。

そんな疲れた眼に欠かせないアイテム、目薬!
目薬をさすとスッキリしますよね。

でも、ドラッグストアや薬局には膨大な数の目薬がある中
どの商品を選んだらいいかわからない。

私もよくわかりませんでした。
なので、暇そうにしているドラッグストアの定員をみつけて
聞いてみました。

ここでは、あなたの目の症状に効く有効成分をご紹介。
その有効成分が入っている目薬を購入しましょう。

スポンサーリンク

スマホ・PCなどやりすぎで疲れ目を癒す成分

疲れ目を癒す有効成分は2つ「ビタミンB6(ピリドキシン)」「B12(シアノコバラミン)」

ビタミンB6(ピリドキシン)は、眼精疲労、目の炎症、貧血やウツ病に効果があるとされています。
ビタミンB12(シアノコバラミン)は、視神経の働きを高め目の疲労を軽減し視力の低下を防ぐとされています。

入っている目薬がおすすめです。

ドライアイに効く有効成分

ドライアイに効く有効成分は3点「コンドロイチン」「塩化ナトリウム」「塩化カリウム」

コンドロイチンは結膜や角膜の乾燥を防ぎ
塩化ナトリウムと塩化カリウムは、涙と同じ役割をはたして目の乾燥を防ぐとされています。

目の充血に効果的な有効成分

目の充血には、「グリチルリチン酸ジカリウム」「塩酸テトラヒドロゾリン」

どちらも炎症を抑える成分であるといわれています。

まとめ

目薬選びに迷った方は、上記の成分が入っているか成分表をご確認ください。

おまけ amazonランキング1位の目薬

2016年10月時点でamazonランキング1位の目薬はこちら
【第2類医薬品】サンテPC 12mL
こちらの商品詳細をみると

パソコンやスマートフォンのモニタから出ている青色光、いわゆるブルーライトなど
により、毎日少しずつ、目には負担がかかっています。
サンテPCは、目のピント調節機能を改善するビタミンB12と角膜を保護するコン
ドロイチン硫酸エステルナトリウム、ダメージを受けた目の組織代謝を活発にするビ
タミンB6を最大濃度配合*。8つの成分が目の炎症や疲れなどを改善するスッキリ
としたさし心地の目薬です。パソコンやスマートフォンなどをじーっと見つめること
の多い方の目の疲れに効果を発揮します。
*一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度:ビタミンB12、コンドロイチン硫
酸エステルナトリウム、ビタミンB6

●成分に
ビタミンB12(シアノコバラミン)
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
が入っています。

疲れ目を癒す目薬が売れているようです。

amazonの最新の目薬ランキングはコチラからどうぞ!


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。