WEBディレクターが常に持っておきたい3つのこと

最近、忙しくて基本が忘れがちになってきたので
再度、WEBディレクターとして常に持っておきたいことを書いておきます。

スポンサーリンク

1.「なんで?」という気持ちを持つ

なぜ、その行動をとるのか、
なぜ、修正指示をするのか、
なぜ、スケジュール通りにならないのか

その意図を認識したうえでよりよいと思う道を提案しましょう。

2.クライアントのユーザーの為になることを第一に考える

何度もよくわからないクライアントの戻しが来ると
時々、ユーザーの為ではなくクライアントの為にやっていることがあります。

クライアントの意見も大事ですが、一番大事なのは、そのお客様。
クライアントの意見を飲み込みつつ、より良い提案を心がけましょう。

3.みんな幸せになるようPDCAを考える

最近、うまくスケジュールが回ってない。
そんな時は、PDCA!!!!
どこがボトルネックだったのか
どうしたら改善されるのか
それを模索してみんなが無理しない幸せな稼働を目指しましょう。

まとめ

自分は、戻しがいみのわかない何度もあったりすると、時々、ただ言われたことだけをやるwebディレクターになるときがあります。

それも、状況によりけりだと思いますが、
なるべくこういったことを頭にいれて、考えてよりよくなるwebディレクターになりたいです。


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。