Webデザイナーの志望動機の書き方|転職

Webデザイナーの志望動機の書き方|転職Webデザイナーの志望動機の書き方をご紹介。

スポンサーリンク

必要な要素

・これまでの経歴
・その会社の魅力を感じた部分(志望動機)
・その会社でどう活躍したいか
・自分のポートフォリオ

以上です。
それでは、書き方についてポイントを押さえてご紹介

これまでの経歴

まず、自分がこれまでどんな仕事・またはどんな学園生活を送ってきたか簡潔に書きましょう。
複数会社を転職している人は、一社につき、1~2文で簡潔に!
初めての転職や新卒の方は、2~3文で簡潔に書きましょう。

理由は、長いと読まれないからです。
読みやすいよう気をつけましょう。

その会社の魅力を感じた部分(志望動機)

あなたがその会社の魅力を感じた部分をいくつか見つけてください。
見つけ方は、「求人情報に書かれている部分」や「その会社のHP」から探しましょう。
そして、その見つけた中から、その会社しかない魅力を上げてください。

悪い例

御社の残業が少ない点に惹かれ、仕事もプライベートも~


企業側からすると、残業が少ないって他の会社にもあるし、
他でもいいんじゃない?となる。

良い例

御社HPに記載されていた会社案内に書かれていた「○○○○○○○○○○」の部分に惹かれました。私も~


その会社にしかないオリジナルを見つけてそれを書いてください。
その理由は、会社HPをキチンを読んでいるっていうアピールになるからです。

その会社でどう活躍したいか

入社後どんなイメージを持っているかの双方の確認です。
入社後のイメージと違うなんてことがないようにお互いの認識のすり合わせの為に
書きましょう。

また将来のことを書くと、会社側は、
「この人は、うちで長く勤めてくれそうだ」
という気持ちになります。

まとめ 注意すること

志望動機を書く際、とにかく書こうとする人がいます。
長く書いた方が熱意が伝わる!!
と思うかもしれませんが、それより、短く簡潔に要点を抑えて書くようにしましょう。

目安としては5~10行くらいで押さえていた方がいいでしょう。

理由は、長文だと読まれない可能性があるからです。

もし、長文で書きたいなら、
見出しをつけて読みやすい工夫をしましょう

よかったら志望動機書く際、参考にしてみてください。

おまけ webデザイナー求人サイト

転職サイトって
大手のリクナビやマイナビなんかが有名です。正社員目指すならそれでいいですが、
もし、派遣社員がよかったらインテリジェンスの派遣 がオススメです。
オススメの理由は、次の記事で紹介しますね。

それでは、よい転職活動を♪


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。