赤ちゃんが夜泣きしない寝かせ方にはパパママの2つのコツ

夜赤ちゃんがなかなか寝てくれない!

そんな悩みをお持ちの方もいることでしょう。

 

抱っこやおっぱいでやっとの思いで寝かしつけたのに、突然目覚めてしまった。

なんてことありませんか。

 

赤ちゃんをぐっすり寝させるためには

寝かしつけの習慣の見直しが必要です。

 

もしいまあなたの赤ちゃんが夜泣いたり夜寝ないで悩んでいたら

是非一度こちら読んでみて下さい。

 

寝かしつけにイライラすると、赤ちゃんの心理状態や健康状態にとっても良くありません。更にママもイライラしてパパにイライラをぶつけてきます。

 

ママのイライラがゆくゆくは、

布団が別々、

会話がなくなり

食事も洗濯も別々

最終的には離婚なんてことになりかねません。

 

なので今回は、

赤ちゃんが夜にすぐに寝てくれない!赤ちゃんを上手に寝かしつける方法をご紹介

 

赤ちゃんを寝かせるコツ「寝入る時」と「寝起きの時」を合わせる

赤ちゃんを寝かせるコツ「寝入る時」と「寝起きの時」を合わせる

赤ちゃんが寝つきやすい方法は、それぞれ異なりますが

共通して言える事が1つあります。

 

それは「抱っこ」や「おっぱい」をしたまま寝かせないということです。

 

まず、抱っこがだめな理由から!

例えばですが、あなたが寝室で寝ていたとします。

寝室で寝ていたあなたは、誰かにこっそり運ばれて

別の家の寝室に連れて行かれたとします。

 

あなたはどう思いますか???

びっくりして大きな声を上げませんか?

 

赤ちゃんも同じです。

抱っこして寝てしまった。

けど起きたら別の部屋の布団で寝ていた。

つまりびっくりしちゃって泣いているんです。

 

なので赤ちゃんを夜泣きせず安心させるためには

「寝入る時」と「寝起きの時」は合わせて安心させてあげましょう!

 

また、おっぱいも同様です。

 

寝る前にあった大好きなおっぱい。

起きたらおっぱいがない。

あるものがないというのはとっても不安になりますよね?

 

なので寝させるための抱っこやおっぱいは行わないほうが

赤ちゃんが起きてから安心するのでおすすめです。

 

全然寝ないけどどうしたらいいの?

全然寝ないけどどうしたらいいの?

まず大事なのは、赤ちゃんの体内時計をきちんと育てることを考えてください

 

人間には、朝になったら目覚めて、夜になったら眠くなるように出来ています。

人間は電気で光が得られるまではみんな20時や21時には就寝していました。

なので明るいと活動してしまうんです。

 

なので赤ちゃんに、決まった時間には夜暗くして寝させましょう。

 

ここで注意なのが、パパやママが

「私が赤ちゃんの頃は夜遅くても問題なかったらしい」

というわけわからない主張をする親がいます。

 

これに関して私はなぜ主観で話をするのか全く理解できません。

この赤ちゃんはあなたではない。

 

きちんと新しい書籍や情報を基づいたやり方をやることをおすすめします。

まぁオリジナルでやりたいという方は

そもそもこんな記事読まないと思いますので

今読んでいる方はきっと赤ちゃんのことを大切に考えられる素敵なパパママだと思います^^

 

ちなみに、赤ちゃんが必要とする睡眠の目安はこちら

月齢 1日の睡眠時間
0~1ヶ月 16~18時間
2~3ヶ月 14~15時間
4~6ヶ月 13~14時間
7~12ヶ月 11~13時間
1~3歳 11~12時間

こちらはあくまで目安です。

赤ちゃんによって個人差ありますので参考程度に考えてください。

 

では布団やベットで寝かせるための方法を2つほど紹介します。

 

なるべく泣かせないで寝かせる方法 その1

なるべく泣かせないで寝かせる方法 その1

最初に言うと泣いてもすぐに抱っこしないでください。

 

泣く=抱っこ

 

と赤ちゃんが思ってしまうと

すぐ泣いてしまいます。

 

つまり赤ちゃんは学習しているんですね(笑)

ある意味賢いと言えますが、そうしたらママやパパが大変です。

 

なので泣いている時は、

優しく声をかけて観察してください。

 

何故泣いているのか観察してみましょう。

  1. お腹が減っているのか
  2. 暑いのか?
  3. 寒いのか?
  4. 怪我をしたか?
  5. おしっこをしたか?
  6. うんちをしたか?
  7. いつもとちがうところはないか?

 

夜中赤ちゃんが泣いてしまってもすぐには抱っこせず

背中をトントンと安心させて優しく声をかけてあげて下さい。

 

それでも寝ない場合は、少しだけ抱っこをして寝入ってしまう前に

布団やベッドにおろしてあげてください。

 

この方法は親の負担が大きいです。

赤ちゃんが泣いているとどうしてもおっぱいや抱っこしてあげたいですが

そこはぐっとこらえながらやさしく接してあげてください。

これで夜泣きが軽減するのは数週間はかかるとおもってください。

 

なるべく泣かせないで寝かせる方法 その2

これはパパとママが居る家庭前提の話です。

これはですね大好きなママは一日どこか止まってもらって

普段一緒にいないパパとふたりだけでなるというものです。

 

これはですね。パパと赤ちゃんの負担が大きいのですが

夜泣きがグンと減ると言われています。

 

なのでこれは、パパと赤ちゃんの調子が良い時にやってみて下さい。

これをやると赤ちゃんはママいなくても寝れるという自信がついて

驚くほど早く夜泣きが軽減します。

 

寝ないときは焦らず赤ちゃんとのスキンシップを使用

赤ちゃんにとって夜は部屋が真っ暗になるので、

広い空間に放置されたような気分になり、恐いと感じてしまいます。

 

おそらく不安で眠れなくなっている赤ちゃん

そこでたくさんスキンシップをとるようにしましょう。

スキンシップを取ることで、「安心して」眠気を誘います。

 

また念の為部屋の気温や湿度や服装を念の為チェックしたりしてください。

あなたにとってではなく赤ちゃんにとって暑すぎたり寒すぎたりしないようにすると、赤ちゃんにとっては不快な環境になり、なかなか寝付けない場合があります。室温を調整しつつ、赤ちゃんの入眠前の服装や素材などにも配慮してあげましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの夜泣きってホント大変ですよね。

赤ちゃんやママは本当によく頑張っています。

 

パパも仕事で頑張っていると思いますが、大切なママに任せっきりになっていませんか?

週末休みたい気持ちもわかります。

なのでママのお休みとパパのお休みの

1日ずつ取ってあげれるようなそんなお互い気遣いをしながら育児をすれば

きっとそう赤ちゃんの夜泣きは解消されます。

 

大好きな赤ちゃんのため参考になりましたら幸いです。

 

 


コメント