クリエイティブな発想ができる子供を育てる方法

子供をクリエイティブな発想ができる子供を育てたい!

トレド大学の研究によるとおもちゃが少ない環境がおすすめと言われています。

 

トレド大学の研究では、生後18ヶ月前後のこども達を2つの部屋にわけました。

おもちゃが4個の部屋

おもちゃが16個の部屋

 

結果は、おもちゃが少ない方が集中力が108%(2倍)上がりました!

さらに、より創造性の高い遊びができるようになった。

 

大人も同様だと思います。

 

仕事の企画を考えることになった場合

企画案が4個の場合

企画案が16個の場合

 

1つ1つに集中してとりめるのは、当然4つですよね。

16個もあったら表面的なことしか考えられずクリエイティブな考えは生まれにくいですよね。

 

まとめ

現在は、youtuberなど個人でクリエイティブな思考を捉えて行動できる人がとても求められています。

おもちゃを減らして子供のクリエイティブな発想を高めるようにしてみてはいかがでしょうか。

最後におもちゃを買うの代わりにやってほしいことがあります。

それは「経験」です。

 

沢山経験させることで子供のクリエイティブな考えが生まれやすくなります。

おもちゃは少なく、でもたくさんの経験(運動や体験)をたくさんさせる!

これであなたの子供も将来クリエイティブな考えができて良い仕事につけるはずです。

よかったら一度お試しください。