地震保険加入者9割が損してる!無料相談で給付金を多く手に入れる方法とは!

コチラは地震保険に加入している人が、これから地震保険の申請をして保険給付金率をアップするためのお得な方法をご紹介します。

 

こちらはこんな人にお勧めな記事です。

地震保険に加入しているけど一度も利用したことがない人

最近地震があって小さなヒビが家にできたけど放置している人

地震保険を利用したけど被災調査会社で無料相談しなかった人

 

そんな人はもしかしたら、地震保険を利用しなかったせいで数百万円損しているかもしれません。

地震保険が適応されなくなって損をする前に無料相談を使って早めにご相談してみてください。

 

 

地震保険の給付方法とは

地震保険の給付方法とは

地震保険は、申請したら必ず貰えるものではありません。

地震申請する際は、保険会社にきちんと損傷を伝えることができないと給付対象にならない場合があります。

 

なので地震保険の給付対象なはずなのに、うまく伝えられず給付金がもらえないといったケースもあります。

 

なので、給付金がもらえないようなケースを回避するだけでなく

地震保険の給付金率をアップするための方法をご説明します。

 

地震保険の給付金支払額はどうやって決めるかご存知ですか?

それは、各保険会社の鑑定人が損害の度合いを鑑定して結果を保険会社に報告します。

そしてその保険会社はその結果をもとに保険金を支払います。

 

しかし!!

保険会社の息がかかった鑑定人がみるということは、その損害の度合を不当に低く見積もり正しい保険金がもらえないという事例が発生しています。

 

 

地震保険で不当な扱いをされた事例1

地震保険で不当な扱いをされた事例1無料相談

これは、戸建て住宅で実際にあった話です。

本来のきちんと調査すれば「全損」相当なはずなのに、「半損」と申請されていたケースがあります。

 

こちらは、被災調査会社に無料相談して再鑑定してもらった結果「全損」とわかり

再度、再鑑定してもらい「全損」扱いになりました。

この時もらった保険金の金額はなんと2倍です!

 

地震保険で不当な扱いをされた事例2

地震保険で不当な扱いをされた事例2無料相談

続いて事例2つ目です。

マンション外壁にひび割れがあったのを保険会社にみせたところ、保険対象外と言われてしまったケースです。

 

こちらも地震の被災調査会社に無料相談して鑑定してもらったところ「一部損」が妥当という結果になりました。

この結果、保険金が0円からなんと120万円獲得できたんです!

 

このように被災調査会社が入っていると正しい評価がされ、その結果保険の給付金は上がることになります。

我々一般の契約者は地震保険に関する知識を持っていないため、地震保険のエキスパートである「被災調査会社」を味方につけて挑むことが非常におすすめです。

 

なので、そういった地震保険の給付金を低く見積もれないように、被災調査会社に事前に依頼しておく必要があるんです。

 

 

でももし、仮に保険会社の鑑定人の鑑定結果をしたあとでも被災調査会社で無料相談することはできますので安心してください。

さらにさらに既に保険金が支払われているものも被災時から3年以内であれば再鑑定できます!!

 

つまり、もしあなたが過去3年に以内に地震保険を自分で申請した場合

手にするはずだったお金が少なかったかもしれません。

でも再度無料相談して鑑定してお金を手に入れるチャンスです。

 

このように「被災調査会社」を利用すると

あなたに何百万円の給付アップの可能性があるんです。

 

 

おすすめの被災調査会社「NPO法人笑顔の暮らしサポート」

おすすめの被災調査会社「NPO法人笑顔の暮らしサポート」

今回私がおすすめする被災調査会社は【NPO法人笑顔の暮らしサポート】が運営する「地震保険申請あんしんガイド」です。

 

「NPO法人笑顔の暮らしサポート」が運営する「地震保険申請あんしんガイド」では、専門の調査員が徹底的に調査をして、地震保険の給付金を上げてくれます。

 

「地震保険申請あんしんガイド」を確認する >

 

さらに「地震保険申請あんしんガイド」の良いところは、大きく2つです。

1つ目 支払いは成果報酬のみ

1つ目 支払いは成果報酬のみ無料相談

「地震保険申請あんしんガイド」の報酬は最終的にあなたが受領した給付金の中から一部を成果報酬という形で頂戴いたします。

なので、成果が発生するまでにかかるであろう調査費用、コンサルティング費用、交通費などは一切の費用はかからず無料でお願いできます。コレはかなりお得で良心的で素晴らしいです。

 

2つ目 利用者の地震保険給付金受給率はなんと81.2%!

2つ目 利用者の地震保険給付金受給率はなんと81.2%!無料相談

「地震保険申請あんしんガイド」では損保協会が制定する「地震保険損害認定基準」に則した事前調査を行い、

さらに保険会社鑑定の際に立ち合い、保険会社と申請内容を交渉いたしますので、ご自身で申請するよりも受給率が高くなります

 

「NPO法人笑顔の暮らしサポート」地震保険申請あんしんガイドの実績

「NPO法人笑顔の暮らしサポート」地震保険申請あんしんガイドの実績地震保険無料相談

・東京都文京区マンションの場合

一部半損壊…930万円

 

・神奈川県綾瀬市個人宅戸建ての場合

半損壊…750万円

 

・神奈川県横浜市個人宅戸建て

一部半損壊…630万円

 

どれも数百万単位とかなり高額ですがこれだけもらえたら、かなりうれしいですよね。

 

最後に

最後に 地震保険無料相談

実は、地震保険を持っている人で申請せずにそのままにして、損をしている人は90.8%いるといわれています。

つまり10人中9人は損をしています。

せっかく加入をしているんだからお得に制度を利用したいですよね。

 

日本は地震大国で、ほぼ全て(1部を除く)の地域で震度4以上の地震が起きています。

過去約10年以内に起きた震度4以上の地震があった地域で、地震保険に加入していた場合、

8割の方が地震保険控除の対象となります。

本人が対象だと気づいてない場合がほとんどで、壁面の小さなヒビなどでも対象になります。

もしあなたが地震保険加入者でしたら、一度被災調査会社「NPO法人笑顔の暮らしサポート」の「地震保険申請あんしんガイド」にお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

思わぬ臨時収入が手に入るかもしれません。

「地震保険申請あんしんガイド」を確認する >

 

おまけ 地震保険の5つの特徴

最後に地震保険の特徴についてご紹介します。

  1. 単独加入ができない。
    地震保険は火災保険に上乗せしてつける保険です。火災保険に入っていないと地震保険には入れません。
  2. 地震保険の保険料はどの保険会社でも同じ。
    保険会社が違っても保証内容は一緒です。支払われる金額も一緒です。
  3. 政府が補償の義務を追う
    地震保険は法律に基づいて運営されていて、民間の保険会社とともに政府も保険金支払の義務を負っています。
  4. 地震保険の対象は居住用のみ
    補償の対象は、人が住んでいる建物と家財です。
    オフィスや工場などは基本対象外です。
  5. 被災直後でも保険金が下りる
    地震で被災するとお金ガス国必要です。地震保険は申請後スピーディに保険金が下りるシステムになっています。