レンタルサーバーを契約するなら「Nginx」より「LiteSpeed」が速くてオススメ。

突然ですが
WEBサーバーで超有名な「xsever」が
2017/09/14に
Nginx「nginx(エンジンエックス)」を導入しました。

と登録していたメールに連絡連絡がありました。

nginx(エンジンエックス)って何だろうと思ってみたら

Webサーバーソフトウェアの1種でした。

WEBサーバーは
主に
・ユーザーが何か命令を出してから
 反応するまでにかかる応答時間(レスポンス速度ともいう)
・安定性

など影響があります。

代表的なWEBサーバーは
以下になります。

Apache(アパッチ)

Webサーバーとして非常に有名でデファクトスタンダードと言われるWebサーバーです。

Nginx(エンジンエックス)

最近人気の上がっているWebサーバーで2017/9月にXseverでも導入されました。
Apacheとの違いは、並行処理性能の高さ、比較的メモリ消費が少ないなどの特徴を持っている。
何が言いたいかというとApacheよりレスポンス速度等早くなってスピード優れていますw!

そしたら
Nginx(エンジンエックス)入っているWEBサーバーにしようかなと、おもったら
「Apache」や「Nginx」などに続く次世代のWEBサーバーソフトウェアがありました。

それが「LiteSpeed」。

LiteSpeedとは

「LiteSpeed」は「Apache」と互換性を確保した高性能Webサーバです。
レスポンスも
「Apache」や「Nginx」
に比べて格段に速いです。

LiteSpeed Technologiesという海外のサイトが
どのくらい違うかグラフ化してくれています。

新しくWEBサーバーを契約するなら「Nginx」より「LiteSpeed」が速くてオススメ。

これを見て、私は、
「LiteSpeed」が入っているサーバーと契約すること決めました。

2017/10時点でオススメなWEBサーバーは「mixhost」


mixhostの魅力は、
【レンタルサーバー】私がXSERVERとトラブったお話し。新しいサーバーに切り替えます。
にしていますのでよかったら一度読んでみてください。


よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。