免許の名前変更と住所変更と本籍変更!手続きできる所・必要なもの紹介-離婚

離婚が多い日本社会

 

離婚をして氏を元に戻したり、住所を変更したり色々あります。

 

というものも2018年に離婚しました。

 

今回は、離婚時に免許の内容変更を変更する方法(名前変更と住所変更)をご紹介します。

 

免許の変更できる場所

新しい住所のある都道府県内の管轄する警察署や運転免許センターとなります。

 

基本的には平日の昼間だけですが、一部の窓口では日曜日でも土日でも取扱いがあります。

 

自治体によっては、交番や駐在所でも受付している場合があります。

ご自身でご検索してみて下さい。

 

免許の名前と本籍変更方法

 

住民票

新しい本籍・氏名が記載されている住民票を用意しましょう。

 

コピーでは受け付けてもらえない地域もあります。

 

住民票の原本を持って行きましょう。

 

私はですね、離婚届を出したあと、

役所の人に必要な書類聞いたら本人確認のみでOKと言われました。

 

なので特に住民票を発行せず

免許センターに行ったのですが住民票が必要と言われました(笑)

 

なので名前変更する際は絶対用意しましょう。

 

 

印鑑

印鑑は、認印(みとめいん)で大丈夫です。

シャチハタでは認められない場合もあります。、認印(みとめいん)を持って行きましょう。

 

手数料・費用・料金

変更の際にかかる費用はありません。

ご安心ください。

 

運転免許の住所変更しない場合のデメリット

転免許の住所変更に期限はありません

 

ただし、届出をださないと免許更新の連絡ハガキが届きません

 

郵便局に住所変更の手続きしている期間ならいいですが、その期間を過ぎちゃうと届かなくなります。

なので、最悪の場合運転免許を失効してしまう可能性があります。

注意しましょう。

 

変更手続きにはどれくらい時間がかかる?

変更には、混み具合にもよりますが空いていれば、

15分前後で済みました。

 

 

 

まとめ

離婚すると免許の名前変更したり住所変更したりホントめんどくさいですよね。

 

私もめんどくさーいと思いながらすこじずつやってます!

 

離婚後に必要な情報をこれからちょこちょこご紹介していきます。

 

よろしくお願いたします。

 


離婚
スポンサーリンク
ヌヴェル

コメント