情けない自分の話し

2月のまだ肌寒い夜の話し、仕事帰りに飲食街を歩いていたら
男性グループ6人くらいがペラペラしゃべってたんです。

それ見て驚いたのが
1人の男性が土下座のような体制になって椅子代わりになっていたんです。

椅子役になっていた男性の顔はよく見えなかったんですが
他の5人は普通に談笑してました。

これは・・・
交番行ってなんとかしてもらうべきか???

ちょっと躊躇しながらスルーして5分後くらいにもう一度同じ場所に
言ったらそのグループはいませんでした。

あれは、何かの遊びだったのか。

人を路上で椅子代わりにしている人というものを初めて見ましたが
それにしてもすごく嫌な気持ちになりました。

何でしょうね。
ああいうことを平気でできる人が本当に信じられない。
なぜ相手の気持ちに立ってあげれないのか。

あぁ、もうここ2~3日そのことが頭から離れず
すいませんが書かせていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

きっとですが、理想の自分は、きっとあそこで声をかけて辞めさせたかったんだと思います。
それができない自分の保身に逃げた情けない自分がとても残念。

次も同じシーンに出くわしたら直接声はかけずともその場は離れず
危険と感じたら警察に行くくらいはしたいと思います。


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336

よかったらシェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. 1-2-3- より:

    なんとも言えない……

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。