効果が期待できる精力剤の選び方!成分一覧と一番効果的な成分も紹介

効果が期待できる精力剤の選び方!成分一覧
32歳になった私。
そう遠くない未来、お世話になるであろう精力剤について調べてみました。

精力剤とは

加齢やストレス・生活習慣(ミネラル不足や喫煙)などによる
ED(勃起不全)や性機能(精力・性欲)の低下に悩む
男性に向けた健康食品と薬剤の事です。

効果が期待できる成分

亜鉛

亜鉛には男性ホルモンの維持する働きがあり、更に低下した男性ホルモンを高める効果があります。

亜鉛不足になると、男性ホルモンが不足し
男性機能低下にした実験はたくさんあります。
男性ホルモンの値が正常になると、EDが治ったという報告もあります。

アルギニン

「アルギニン」は成長ホルモン分泌する役割をもっています。
粉末状のものは精子のような臭いがし、実際に精子の素になっています。
また、肉体強化にも効果的です。
大豆食品や豚肉などに多く含まれております。

オキソアミヂン

オキソアミヂンとは、主に「ニンニク」に含まれる有効成分になります。
オキソアミヂンを摂取すると疲労回復の効果や、
精力が増強されたり、肝機能が改善される、
冷え性や血流が改善などさまざまな効果が期待できます。

クラチャイダムとは

東南アジアのタイを原産国とする天然ハーブの一種。
クラチャイダムに含まれるアントシアニンという成分には、末梢血管を無理なく拡張していく効果があります。
その効果がペニスの血流を良くする効果が期待できます。

シトルリンとは

シトルリンとは、アミノ酸の一種です。
精力アップ(ペニス増大などを目的としたサプリメントに含有されております。

トンカットアリ

トンカットアリは東南アジアで栽培されているニガキ科の植物のハーブです。
東南アジアでは、男性の性欲増進剤・強壮剤として古くから利用

ビタミンB群

ビタミンB群は以下の8種の成分の総称です。

ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン(B15)・パントテン酸(B5)・
ビオチン(B7)・葉酸(B9 プテロイルグルタミン酸)

この成分が代謝機能を助け、ホルモンの分泌力に影響します。
つまり代謝がうまくいくほど、成長ホルモンや男性ホルモンといった
男性機能の基盤となる物質が分泌されやすくなります。

ペプチド類

ペプチド類は、高血圧や免疫強化、血管を柔らかくしなやかにする効果があります。
更に、血流を良くする事から硬さが増し長く持たせる効果があります。

ポリフェノール

ポリフェノールは、活性酸素を無毒化して老化を防ぎ、
若々しい体をキープすることが期待できます。
ポリフェノールには高い抗酸化作用があるので、
血管も若くなり血流が改善します。
血液が勢いよく流れて元気がでるという仕組みです。

また血流も良くなることで、
スタミナもついて
持久力もアップするため
精力増強に欠かせない成分です。

マカエキス & マカ

マカは、精力アップではなく
性欲が向上すると
優良な研究で証明されています。

最近、あっちの方が乗り気じゃないとき摂取してみるとよいかもしれません。

効果が期待できる必要成分量一覧

成分・原料名摂取目安量
亜鉛10mg
アルギニン1,000mg以上
オキソアミヂン200mg(ニンニク由来)
クラチャイダム1,000mg
クラチャイダムエキス100~200mg
シトルリン1,000mg以上
トンカットアリエキス末100~200mg
ビタミンB群数~数十mg
(種類により異なる)
ペプチド類500mg(卵白由来)
ポリフェノール60mg(ピクノジェノール)
マカエキス100~200mg
マカ1,500~3,000mg

まとめ 一番効果が期待できる成分

精力剤を選ぶ際、参考にしてみてください。

最後に一番効果が期待できる成分は
「クラチャイダム」になります。

クラチャイダムには
アルギニンや鉄、亜鉛やアミノ酸などの精力剤に必要な栄養素が
ほぼ全てまとまって入っております。
クラチャイダムを摂取するだけでも
精力アップ効果が期待できると思われます。
ご参考までにどうぞ。


コメント