2018年東京のWEBディレクターの現状|転職考えている方必見!

2018年東京のWEBディレクターの現状|転職考えている方必見!
2018年東京で勤めるWEBディレクターを務める私。
そんな私がお伝えするWEBディレクターの現状をお伝えします。

2018年、東京のWEBディレクターですが、
かなりの人手不足です。

いい人材が全然いません。
私が今勤めている委託先の話しですが、
WEBディレクターがたりないため
業務委託の会社を通して
週に何回か面接してます。

その面接している担当者に
「今日の方どうでした?」
と聞くとこんな驚くべき回答が来ます。

「全然ダメだった」

WEBディレクター面接何がだめだったのか

ある人は
「委託先が数年で15社以上のWEBディレクター」
「ワイヤーを引いたことがないWEBディレクター」
とかなーり訳ありのWEBディレクターばかり面接されるというのです。

その業務委託の会社も数社使ってこの現状・・・
なので、今委託している会社は、地方のWEBディレクターを雇って
都内で働いてもらってます。

それだけ人手不足な状態です。

もし、今東京でWEBディレクターを目指そうと思っている方がいましたらチャンスかもしれません。

ただ、デザイナー出身でディレクターやっている私的に
ディレクターは、やりがいありますが、
ホント周りに気を配るので精神的にとっても疲れます。
デザイナーの時は、その作品に関して集中して取り組めばいいのですが
ディレクターはちょっと勝手が違います。

ただ、転職してお給料は、1.5倍近くアップしました。
その時私が使ったのは、WEB関係の仕事に強いマイナビクリエイター。
Web職やゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。
ご興味がありましたら一度ご登録してみてください。
【マイナビクリエイター】

まとめ

おそらくコチラの記事見てくれているということは、WEBディレクターに少し興味関心があると思います。
私は、20代のころ当初デザインとコーディングを東京都内でやっていました。
ただ、10年後の未来を想像したらデザインとコーディングをしている自分が想像つきませんでした。
なので。。。WEBディレクターへ転職を決意!
WEBディレクターは、いわば何でもやる雑用屋です。
精神的疲労は結構ありますが、周囲の人とコミュニケーションをちゃんと取れる人なら
とりあえずできます。
ただ技術がない人は、勉強しながらやるので結構大変だと思いますが
興味がある、やってみたいという気持ちがあるなら
まず、やってみるのがいいと思います。
その際、もし、WEBディレクター職未経験の方は
なにかしらディレクターの仕事と紐づくエピソードを用意してください。
全くの未経験だと中々通りにくいです。

WEBディレクターを目指した最初は、私は十数社とおとされましたw
あれから5~6年。IT関係のお仕事が増えて人手不足の状態です。

WEBディレクターのお仕事やりたいかたは
ぜひこの機会にちょうせんしてみてはいかがでしょうか。
【マイナビクリエイター】


コメント