幼稚園児がスイッチやDSをゲーム時間をきちんと守る3つの方法!

私の息子は3歳くらいからタブレットでyoutubeをみて
4歳のころにwiiu
5歳のころはスイッチで遊んできました。

タブレットでyoutubeの存在を知って
ヒカキンのプレイ動画を見ているうちにスプラトゥーンやマリオのゲームに興味を持ってやりたがっていました。
興味を持ったのならやらせたいと思い購入してプレイしたのですが
一つ問題が・・・
それは、ゲームが楽しくて全然やめてくれないんですwww

なので私がこの3年でゲームを素直にやめてくれた方法をご紹介します。
幼稚園児の子供にゲーム時間をきちんと守らせたいと思っている方はぜひ一度一読くださいませ。

1 やめる時間を一緒に決める

まず、何時までプレイするか事前に時間を決めておきましょう。

現在10:15
私:「長い時計の針が12になったらやめようか」
息子:「わかったー。」

と素直に聞いてくれる場合はこれでOK。
もしくは

私:「長い時計の針が12になったらやめようか」
息子:「えー、1がいい。」
私:「じゃあ1になったらやめて別の遊びしようね」

一緒にプレイ時間を決めることで
子供はもっともっといわなくなります。

2 次に遊ぶゲームを考えておく

ゲームをやめてから次何して遊ぶかも決めておきましょう!
私の場合、目を休ませたいので
外でサッカー・バトミントンしよう!
はたまた公園行って鬼ごっこなどゲームをやめた後も
楽しいことが待っていることを
子供に伝えましょう!

3 ゲームをやめない場合は、あなたが別の遊びをはじめる

時間になってもやめないそんなとき私は強制終了させてました。
が、それだと子供は大泣きしてしまいます。
せっかく楽しく遊んでたのにワンワン泣かれたらとっても悲しいですよね。
そうならないよう
うまいこと誘導させる必要があったんですね。

私の場合ですが、子供がゲームをやめない場合

「パパは目が疲れたから休憩するねー。〇〇君だけやっててーパパは別の遊びするね。」

子供に背中を向けてぬいぐるみを用意して
「(ぬいぐるみにむかって)ねーねー〇〇君が別の遊びで遊んでくれないの。寂しいよー」
というとだいたい子供が後ろから忍び寄って
抱きつき・蹴り・パンチをされます。

子供が攻撃してきたら、そのまま抱きしめて
「あそんでくれるの?」と聞くと
「いいよー」
といってくれます。

大人1人で別の遊びを始めちゃうと
子供が興味をもって近づいてきてくれますw

まとめ

ゲームはとっても楽しいですが
子供のゲーム時間は大人がきちん管理する必要があります!
そのゲーム時間を守らせるのは一苦労ですが、
あなたの愛する子供の為、色々工夫して挑戦してみてはいかがでしょうか。

私の経験的に、強制的にやめさせたりペナルティを与えるのは
非常簡単なのですが子供が泣きます。
楽しく遊んでいたのに泣いちゃうのはとってもかなしい。
幼稚園児相手にはそういった強制的より
うまいこと別の遊びに切り替える工夫が必要なんだと思います。

ただそれでもプレイ時間を中々守ってくれないときもあり
泣かせることもありますが
なるべく時間を守って幼稚園児の息子と楽しくゲームを楽しみたいと思ってます。


未分類
スポンサーリンク
ヌヴェル

コメント